あまり知られていない、塗装の秘密教えます!

神奈川県横浜市の外壁塗装は【太陽電工】

神奈川県横浜市の外壁塗装や屋根塗装のお問合せは、フリーコール0120-012-256 【受付】 9:00~18:00

横浜市の外壁塗装や屋根塗装のお問合せ24時間受け付け中!

  1. あまり知られていない、塗装の秘密教えます!
あまり知られていない、塗装の秘密教えます!

外壁塗装や屋根塗装など塗装に関して、あまり表だってはお話できない塗装の秘密をご説明しています。
― 業者によって見積金額に差があるのはなぜ?
― 適正価格はどのくらいなの?
― どこに正しい情報があるの?

など、不透明な部分に対してのお客差様の疑問や不安が多くあります。それらを少しでも解消し安心・納得して業者を選んでいただく為の参考になれば幸いです。

裏側1 : 塗装費用の内訳は?

外壁塗装の見積書を出された時に、その価格が果たして適正なのかというのを判断するには、内訳がどうなっているのかを知っておく必要があります。
以下、目安として内訳を記載しますので、参考までにご覧ください。

外壁塗装費用のほとんどが、「人件費」である事がおわかりいただけると思います。塗料や養生、足場等にかかる費用等はそこまで大きく差が出る部分ではありません。
当然、相見積りをとって比較検討すると思いますが、その時に、極端に値引きをして価格を下げてくる業者には注意をして下さい。

値下げをしてくるということは、どこを削っているかというと「人件費」なのです。
人件費を下げるということは、当然施工する際の職人の人数を減らす事になります。そうすると、少ない人数で施工をしなければ ならない為、手抜きが発生する可能性が高くなります。

塗装工事は、職人の技術が必要不可欠です。現場の状況に応じて、正しい施工ができなければなりません。
ただ塗るだけなら誰でも出来ます。しかし塗装の目的は、家を長持ちさせることですので、塗料の効果を最大限に引き出すため にも、現場経験を多く積んだ職人が必要になるのです。
プロの職人に施工してもらうと考えたら、極端に安い見積りを出されると、逆に心配になりませんか?

太陽電工では、不用意な値引きは一切おこなっておりません。お客様のご自宅を確認させていただき必要なリフォームのご 提案を適正価格でさせて頂いております。
安さだけで、業者選びをすることはとても危険な事ですので、じっくり慎重に選ぶ事をおすすめ致します。

裏側2 : 手抜き工事はどこでされる?

▼塗料を薄めて使う

手抜き工事で一番多いのは、塗料を薄めて使う事です。 塗料は原液のままでは使用できませんので希釈する(薄める)のですが、薄める割合が決まっています。 ちなみに、1液塗料である水性の塗料は調合不要でそのまま使用可能ですが、2液塗料である油性塗料は「主剤」と 「硬化剤」という2つの塗料を調合して使用します。

薄める事で、少ない塗料で広いスペースを塗る事ができます。また、粘り気もなくなるので早く簡単に塗れます。 しかし、それではだめなのです。調合割合を守ってこそ、最大の効果が発揮されます。

▼塗料の使用量を減らす

塗るスペースに対しての必要な塗料の量というものがあります。塗膜の厚さによって壁や屋根を保護するのですが、薄く塗って 使用量を少なくする場合もあります。また、塗装は3回塗りが標準ですが2回しか塗らない業者もありますので、塗る回数は 事前に確認をした方がよいでしょう。

また、「3回塗りします!」と言っても、薄く3回塗るのと既定の塗布料で3回塗るのでは使用する塗料の缶数が異なります。
使用塗料の缶数がどのくらいなのか、実際に納品された塗料缶がちゃんと同数入っているか等を確認しましょう。

▼下地処理をしっかり行わない

下地処理とは、塗装を行う前の洗浄や補修の事をいいます。
外壁塗装・屋根塗装をする時は、まず洗浄をします。洗浄は、浮きやハガレなどの密着不良を防ぐ為にもとても重要な作業です。
汚れた壁や屋根にそのまま塗料を塗っても意味がありません。
また、ひび割れなどがある場合、補修を行っておかなければ、後々そこから水が浸入し壁内の腐食につながる可能性があります。

この下地処理は、塗料を塗ってしまえば見えなくなってしまいますので、完了してからでは分からない部分です。
このひと手間を行う業者が、しっかりした施工を行ってくれる業者の基準の一つと言っても良いでしょう。

▼約束した塗料を使用しない

施工が始まる前に必ず確認をした方が良いのは、契約時に決めた塗料を使用しているかという事です。
契約書には、塗料メーカー・塗料の種類などを細かく記載しているはずです。
それよりも安い塗料を使用して原価を安くして儲けを多くしようとする業者もありますので、可能であれば、施工前に使用塗料を確認しましょう。

塗装したばかりではその差はわかりません。しかし、2~3年もすると塗料が剥がれてくるなどの劣化が発生してくるでしょう。 施工後に手抜きが発覚してもあとの祭りです・・・
このような事が起きないように、消費者側もしっかりと塗装に関しての知識を持っていると安心ですね!

裏側3 : 塗装できない外壁・屋根って?

外壁や屋根には塗装で十分な場合と、張替えや葺き替えをしなければならない場合とがあります。
それはご自宅の状態によりますので、現場を見させていただいてからでないと判断ができません。「塗装できない」というよりは、 「塗装しない方が良い、塗装ではない方が良い」という方が適切でしょうか。

▼劣化が激しい場合はいくら塗装をしても下地が腐食している可能性があります

洗浄で汚れやコケなどを落とし、下地処理でひび割れなどを補修するなどある程度はできますが、それでも十分でない場合は、 塗装はできません。
どんな状態でも、塗ってしまえば劣化している部分は隠れてしまいます。しかし数年で塗装がはがれてくるなどの不具合が発生 してくるのです。
なんでも塗装すれば大丈夫という業者には要注意です。

▼サイディング外壁は、素材を生かした塗装が必要です

外壁には、素材そのままの風合いを活かした方が良いものもあります。
特にサイディングですが、塗料をベタ塗りしてしまい、タイル調のデザインが埋まってしまったりしてせっかくのデザインが見えなく なってしまうような塗装をする業者もあります。
このような外壁には、劣化が進む前に透明なクリアの塗料を使用することをおすすめします。

 

裏側4 : 見積書のよくある落とし穴

塗装の見積書の記載内容についてはよくわからないという場合が多いです。
特に、「一式」という表記でまとめられていたり、どこまでを塗装してくれるのかが不透明な場合が多いです。
そこでよくある落とし穴を記載しますので、とられた見積書と見比べてみてください。

▼「一式」表記がされていませんか?

塗料一式・施工費一式などという表記は、基本的にはありえません。
ただでさえ分かりにくい塗装の見積りです。具体的な単位(㎡数など)や数量を細かく記載している事が最低限必要です。

塗る面積によって使用する塗料の量が変わってきますので、この家を何㎡で計算しているのかなどはとても重要な部分なのです。
さらに、相見積りをとって比較されると思いますが、その際にもA社は100㎡で計算していて、B社は120㎡で計算していて、C社は90㎡で計算しているというように数量に違いがあると当然金額にも違いがでます。多く見積もっているのか、少なく見積もっているのかを自分自身でもわかるようにしましょう。

▼塗る場所と塗らない場所が明確になっていますか?

屋根・外壁の場合、付帯部分をどこまで塗るのかを確認しましょう。
いざ施工が終わって「あれ?ここは塗ってくれなかったんだ・・・」というような事がないようにする為です。

太陽電工では、軒天・破風・雨樋の付帯塗装を含んだパッケージをご提案させて頂いております。
この場合、戸袋や水切り(家の土台と壁の境目部分にある板金個所)などは含まれていません。
業者によってどこまで塗装してくれるのかが異なりますので、契約時に聞いておくようにしましょう。

▼どんな塗料を使うのか具体的に明記されていますか?

一般的に使用されているシリコンを例に出してみると、メーカーや性質によって価格が大きく異なるものがあります。
見積書にシリコン塗料とだけかかれている場合は、メーカー名や商品名、その効果などを詳しく確認しましょう。
よくわからずに、シリコン塗料だから大丈夫と思っていると、安いシリコン塗料を使用して施工されてしまう可能性が ありますので要注意です。

裏側5 : 耐久年数の勘違いとは?

外壁・屋根で使用する塗料の耐久年数はメーカーのカタログに記載されています。
しかし、この耐久年数がクセモノなのです。こういった数字は「あくまでも目安」という前提がつくのはだいたい想像がつくと思います。
この耐久年数は、新築時に塗装することを基準にしているのです。
しかし、実際に行う塗装は、築年数が経ち汚れやひび割れなどの劣化が少なからず出てきている外壁や屋根です。

つまり、劣化した個所をどこまで新築時に近い状態にもどせるかという、職人の下地処理の精度や塗装の技術が大きく影響してくるという事です。
また、ご自宅の周辺環境によっても現場の劣化度合い、また塗装後の劣化の原因となる要因が異なります。
塗料自体の耐久年数はカタログに記載されているものを目安にしても良いと思いますが、必ず10年や15年は大丈夫!という考えを持っていない方が懸命です。

神奈川県横浜市の外壁塗装・屋根塗装はお任せください。現地調査・お見積り・ご相談は無料!まずは、太陽電工へお気軽にお問い合わせください!9時~18時まで受付中!メールでのご依頼は24時間受付中! 0120-012-256

対応エリア

神奈川県・東京都対応

対応エリア

【神奈川県】
横浜市鶴見区, 横浜市神奈川区, 横浜市西区, 横浜市中区, 横浜市南区, 横浜市保土ヶ谷区, 横浜市磯子区, 横浜市金沢区, 横浜市港北区, 横浜市旭区, 横浜市戸塚区, 横浜市港南区, 横浜市緑区, 横浜市瀬谷区, 横浜市栄区, 横浜市泉区, 横浜市青葉区, 横浜市都筑区, 川崎市川崎区, 川崎市幸区, 川崎市中原区, 川崎市高津区, 川崎市多摩区, 川崎市宮前区, 川崎市麻生区, 相模原市緑区, 相模原市中央区, 相模原市南区
など

【東京都】
目黒区, 大田区, 世田谷区, 渋谷区, 中野区, 杉並区, 町田市
など

株式会社太陽電工
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-7-18 日総第18ビル 7階

Copyright © 太陽電工 All Rights Reserved.

お気軽にお問合せ下さい
神奈川県横浜市の外壁塗装・屋根塗装はフリーコール:0120-012-256 9:00~18:00
神奈川県横浜市の外壁塗装・屋根塗装 24時間受付中!

入力はカンタン30秒!横浜市の外壁塗装の無料診断・ご相談はこちら